【ハナヘナ】インディゴについて

今日は、ハナヘナのインディゴについて~

不思議な草のインディゴですが、なぜ不思議なのか??

日本では、藍染めと知られるインディゴですが、少し染まり方が特徴的です。

 

どう特徴的かって??  ふっふっふ。。。

 

 

ドンドン読み進めてちょ!!

 

——————————————
こんにちは~!

堺市北区新金岡・長曽根町の美容室 ケイティーアートの小林です。

7月のお休み

1日(月)、8日(月)、15日(月)、22日(月)、29日(月)30日(火)←7月は最後の火曜休ませてもらいます!

8月のお休み

5日(月)、12日(月)13日(火)、19日(月)20日(火)、26日(月)

です。8月は第2、第3と火曜日お休みいただきます。宜しくお願いします。

——————————————

インディゴは色素ではなく、「菌」なんです。その菌が発酵・酸化して色が出ます。

よくお店で「菌」って言葉を使うと、(・3・)エェー!???って、嫌がられる事があります(笑

菌っていたる所におるので気にしたらキリがないです。変な菌とかじゃないし、ウイルスとかでもないからお気になさらずに♪

言葉で言うとややこしいので。。。毛束実験ってやつやります!

 

 

動物の毛です。ここにインディゴを塗りますー

 

 

45分放置して、、流します。シャンプーなし

 

 

うすーい緑です。時刻は15時ぐらいでした。

ここからが、インディゴが不思議と言われる理由です。

流してからドライヤーなしで、自然乾燥します。

 

20分後に撮った写真です。少し色が変化してるのわかりますか?

この時点でほぼ乾いていたので、霧吹きで、もう一度濡らします。

仕事中にしていたので、途中きっちり見てはないのですが、、

 

↓21時に撮った写真です。

 

ん??? (´・ω`・)エッ???

ほら~~不思議でしょ?

 

 

この数時間で何があった??って感じでしょ??

これが不思議と言われる理由です。

水分が髪にあると、インディゴの菌が働きやすくなるんです。で、自然乾燥しながらより深く染まります。

(↑の写真は染め終わりから6時間後ですが、通常、1日から2日ぐらいかけて発色してきます。)

 

 

なので、インディゴは染めた後が大事です。

適度に髪を濡らしておく。夜はシャンプーせず(洗いたいなら洗ってもいい)流して、自然乾燥をする。

もちろん、ぬれっぱなしでいるのは無理だと思うので、できる範囲でやっておく。(無理のない程度に)

普通のカラーリングとは染まり方が違うので、どゆこと?? ってなっちゃいますが、慣れれば簡単でおもしろいです☆

 

2度染め(ナチュラルで染めて、2回目インディゴ染め)だと、色は安定しやすいので、このインディゴの色の変化にブレはでにくいですが、ハーバルブラウンやマホガニーを使った1度染めの場合は、このインディゴの色の変化と特徴を知っておいてもらえると、きれいな色が出しやすいですよ♪

 

と、まだまだインディゴは特徴的な事はありますが、基本的にインディゴは水分が大事ですって事なのです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

ハナヘナってなんなの???

【ハナヘナ】ナチュラルについて

【ハナヘナ】で二度染め~♪

Follow me!